日経平均株価予想と本日の先物の推移 2016年4月1日 - 日経平均株価予想 本日の推移と明日の展望



広告

日経平均株価予想と本日の先物の推移 2016年4月1日

日経平均株価 16164.16円 -594.51円
日経225先物(日中) 16180.00円 -580.00円

【本日の日経平均先物の動き】

 昨日の米国市場はNYダウ安・ナスダック高のまちまちの結果でした。 NYダウは前半は概ねプラス圏での一進一退が続いていたのですが、中盤辺りから右肩下がりの展開に変わり、マイナス圏に沈んでしまいます。 売り一巡後は持ち直し、プラス圏まで戻しますが、引けにかけて売り直され、結局小幅安で大引けとなりました。 雇用統計直前の相場だった為、イベント回避の売り物が出たのかも知れません。 高いところまで戻しましたのでね。

 それを受けて始まった日本市場・日経平均先物は、昨日の終値近くからの始まりとなりました。 寄り付き後は売り物に押されて右肩下がりの展開になってしまいます。 何時止まるのか・・・と見ていましたが、全く止まるような兆しが見られません。

 午後になっても下げのスピードこそ鈍りましたが、下値を切り下げる展開には変わりません。

 引けにかけても安値圏でのもみ合いが続き、大引けは16180円の580円安で終了しました。

 新年度相場に入り、早速大きく下げてしまいました。 米雇用統計前ですので、イベント回避の売りもあったのかも知れませんが、それにしてもきつい下げになってしまいました。 政策期待の催促相場に入ったのかも知れません。


スポンサードリンク


【明日の日経平均価予想】

 昨日の米国市場は、まちまちの結果でした。 NYダウは小幅下落で上昇一服となりました。 しかし上昇トレンドが崩れるような下げ方でもありませんので、今後上なのか、下なのかは意見が分かれるところなのでしょうね。

 一方日経平均株価は、大きく下げてしまいました。 昨日25日移動平均線を下回り、本日はボリンジャーバンドの-1σを突き破り、-2σ付近まで下げてしまいました。 NYダウと違って日経平均は相場が崩れたと言うべきなのでしょう。 では、どこまで下がるのかが気になります。 仮に来週月曜日にしっかり戻せば、今日の下げは間違っていたと言う事で、逆に上に行きやすくなると思いますが、動きが鈍かったり、下げた場合は調整が長くなると思います。 2月の安値が大底だとは思っていますので、2番底を探りに行くのではないでしょうか。

 来週月曜日の日経平均株価予想は、今のところは下落予想です。 休み中に何か追い風となるような材料が出てくれば良いのですが・・・? 難しいかな? 今日はエイプリルフールですよね・・・?

 アンケートフォームを設置しました。 明日の日経平均株価はどうなるか?ご意見をお聞かせ下さい。 株価は多数決で決まると言われています。 できるだけ多くの方が参加してくだされば、統計学上のサンプルとなるかも知れません。 勿論希望や期待もOKです。 コメント、性別、年齢、地域は入れなくても投票できます。 投票して頂ければ結果が見られるようになっています。 宜しくお願いします。


スポンサードリンク


日経平均株価予想掲示板


ブログランキングに参加しています。
宜しく御願い致します。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングとは、カテゴリごとに分け、ランキング形式で表示し、支持の高いブログが上位に表示されるシステムです。
あなたの欲しい情報が見つかるかも!

にほんブログ村 株初心者へ

ブログ村も人気ブログランキング同様、人気のブログが上位に表示されます。当サイトは初心者のカテゴリに登録しています。
あなた好みのブログが見つかるかも!


投資カレンダー2016 株式・日経平均先物の必勝投資アイテム
2015年8月18日、「ポイントの日」。その日から日経平均の大暴落が始まった!!過去の数々の相場の転換点を「ポイントの日」として予告してきた『投資カレンダー』の2016年版がついに発売!

Stargazer占星暦 2016年版
占星術支援ソフトStargazerの開発者である小曽根秋男氏が監修する天文暦。西洋占星術の実占者、研究者、愛好者にとって必携の年鑑タイプのデータブック。

フォーキャスト2016
「サイクル」「アストロロジー(占星学)」「テクニカル」の3本柱で市場経済を読み解く分析集団MMA(メリマン・マーケット・アナリスト)。その創設者であるレイモンド・メリマン氏が、毎年発行する予測本『フォーキャスト』。

ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2016
ラリー・ウィリアムズが独自のサイクル、季節性周期、市場行動パターンをもとに2016年の株式、債券、通貨、コモディティ(貴金属、穀物、エネルギー)市場を分析する。未来のロードマップを手にすれば、攻めと守りの好機がおのずと見えてくるだろう。



株式高配当利回りランキング上位銘柄

日経平均株価時系列データ、日足の終値と各指標

日経平均株価予想 本日の推移と明日の展望TOPに戻る


関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kabubox.blog68.fc2.com/tb.php/2553-9282b6b9