日経平均株価予想と本日の先物の推移 2015年11月19日 - 日経平均株価予想 本日の推移と明日の展望



広告

日経平均株価予想と本日の先物の推移 2015年11月19日

たくさんのご要望にお応えして投資戦略フェアが大阪でも開催!

事前登録することで会場入場券が無料となります。

【会場入場券】投資戦略フェア 秋 in 大阪 11月21日(土)

日経平均株価 19859.81円 +210.63円
日経225先物(日中) 19880.00円 +190.00円

【本日の日経平均先物の動き】

 昨日の米国市場はNYダウ・ナスダック共に上昇しました。 NYダウは高い始まりとなりました。 その後はもみ合いが続きますが、中盤にはもみ合いのレベルを切り上げる強さとなります。 更に後半になると右肩上がりの展開に変わり、ほぼ高い所で大引けとなりました。 ロイターによりますと、午後に入り公表された10月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が12月利上げの可能性を裏付ける内容となったことを受け、主要株価3指数はそろって1%超上昇したと言う事です。 12月の利上げは歓迎されているようですね。

 それを受けて始まった日本市場・日経平均先物は、大きく上昇して始まりました。 寄り付き後は少しもみ合いますが、9時半を過ぎた頃から買いが優勢となり、19970円まで上昇して止まりました。

 午後も高値もみ合いが続いていましたが、12時半頃から値崩れを起こしたように下げて行き、19800円を下回るところまで売られました。 日銀金融政策決定会合の結果は現状維持で、それを受けて売られたのでしょうか? 誰か追加緩和に期待してました? しかし売り一巡後は反発し、2時台には19900円台まで戻します。

 引けにかけては19900円のすぐ下でもみ合い、大引けは19880円の190円高で終了しました。

 今日も強い相場となり、2万円に迫る動きが見られました。 残念ながらお預けとなりましたが、今月中には超えて行くのではないかと期待しています。


スポンサードリンク


【明日の日経平均価予想】

 昨日の米国市場はNYダウ・ナスダック共に上昇しました。 NYダウは大陽線が出現し、25日移動平均線をしっかり上回ってきました。 25日移動平均線は上向きですので、今後も上を目指す動きが展開されそうです。 まずは今月の高値抜きに期待したいところです。

 一方日経平均株価も上昇しました。 ローソク足の形が十字になった事が気になりますが、ボリンジャーバンドの+1σと+2σの間に位置していますので、上昇トレンドは継続中です。

 明日の日経平均株価予想は、上昇予想です。 しかし明日は週末であり、3連休前ですので、利食い売りに押される場面もあるでしょう。 日本が休み中のテロも心配ですしね。 仮に2万円に乗せても、そこは売りが多く、簡単には行かないと思います。 来週に期待です。

 アンケートフォームを設置しました。 明日の日経平均株価はどうなるか?ご意見をお聞かせ下さい。 株価は多数決で決まると言われています。 できるだけ多くの方が参加してくだされば、統計学上のサンプルとなるかも知れません。 勿論希望や期待もOKです。 コメント、性別、年齢、地域は入れなくても投票できます。 投票して頂ければ結果が見られるようになっています。 宜しくお願いします。


スポンサードリンク


日経平均株価予想掲示板


ブログランキングに参加しています。
宜しく御願い致します。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングとは、カテゴリごとに分け、ランキング形式で表示し、支持の高いブログが上位に表示されるシステムです。
あなたの欲しい情報が見つかるかも!

にほんブログ村 株初心者へ

ブログ村も人気ブログランキング同様、人気のブログが上位に表示されます。当サイトは初心者のカテゴリに登録しています。
あなた好みのブログが見つかるかも!


投資カレンダー2016 株式・日経平均先物の必勝投資アイテム
2015年8月18日、「ポイントの日」。その日から日経平均の大暴落が始まった!!過去の数々の相場の転換点を「ポイントの日」として予告してきた『投資カレンダー』の2016年版がついに発売!

Stargazer占星暦 2016年版
占星術支援ソフトStargazerの開発者である小曽根秋男氏が監修する天文暦。西洋占星術の実占者、研究者、愛好者にとって必携の年鑑タイプのデータブック。

フォーキャスト2016
「サイクル」「アストロロジー(占星学)」「テクニカル」の3本柱で市場経済を読み解く分析集団MMA(メリマン・マーケット・アナリスト)。その創設者であるレイモンド・メリマン氏が、毎年発行する予測本『フォーキャスト』。

ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2016
ラリー・ウィリアムズが独自のサイクル、季節性周期、市場行動パターンをもとに2016年の株式、債券、通貨、コモディティ(貴金属、穀物、エネルギー)市場を分析する。未来のロードマップを手にすれば、攻めと守りの好機がおのずと見えてくるだろう。



株式高配当利回りランキング上位銘柄

日経平均株価予想 本日の推移と明日の展望TOPに戻る


関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kabubox.blog68.fc2.com/tb.php/2464-a9108a68