日経平均株価予想と本日の先物の推移 2015年11月13日 - 日経平均株価予想 本日の推移と明日の展望



広告

日経平均株価予想と本日の先物の推移 2015年11月13日

たくさんのご要望にお応えして投資戦略フェアが大阪でも開催!

事前登録することで会場入場券が無料となります。

【会場入場券】投資戦略フェア 秋 in 大阪 11月21日(土)

日経平均株価 19596.91円 -100.86円
日経225先物(日中) 19630.00円 -50.00円

【本日の日経平均先物の動き】

 昨日の米国市場はNYダウ・ナスダック共に大きく下落してしまいました。 NYダウは安い始まりとなり、概ね17500ドル台での推移が続きます。 反発の兆しも無いまま終盤に更に下げを加速する、何とも弱い相場だったようです。 かなり雲行きが怪しくなってしまいました。

 それを受けて始まった日本市場・日経平均先物は、安い始まりとなりました。 寄り付き後は少し上下しますが、すぐに右肩下がりの展開となり、10時頃には19380円まで下げました。 しかしその後は反転し、寄り付き値も上回り、11時頃からは19500円台での推移に変わります。

 午後も同じようなところでの推移なのですが、時間をかけて下値を切り上げるような相場が長く続きました。

 引けにかけても本日の高値圏での推移が続き、大引けは19630円の50円安で終了しました。

 米国市場の影響を受け、大きく値下がりしましたが、下値は限られていて、強さを感じさせられるような相場でした。 たらればですが、米国がしっかりしてさえいてくれば、今日は爆上げになっていたかも知れません。 日本の場合は原油安や米国の利上げは好材料ですからね。


スポンサードリンク


【明日の日経平均価予想】

 昨日の米国市場はNYダウ・ナスダック共に下落しました。 NYダウは大きく下げ、25日移動平均線を割り込んでしまいました。 ロイター通信によりますと、商品(コモディティ)市況の下落でエネルギーや資材関連株が軟調。連邦準備理事会(FRB)当局者が12月利上げの可能性を示唆したことも相場に影響したと伝えています。

 25日移動平均線を下まわった事で、先行きが分からなくなってきましたが、利上げはかなり折り込んでいると思いますので、このまま下げが止まらないと言う事にはならないと思います。 ここで一旦止まるか? 今夜更に下げて底打ちの兆しが見られるか? そんなところではないでしょうか。

 一方日経平均株価は、下げはしましたが、強い相場でした。 午前中の下げでボリンジャーバンドの+1σ付近まで下げ、その後しっかり戻していますので、上昇トレンドは継続中です。 来週も強い相場に期待です。

 来週月曜日の日経平均株価予想は、上昇予想です。 しかし、それにはNYダウが下げ止まってもらわなければなりません。 今夜そんな兆しが見えると良いのですが・・・。

 アンケートフォームを設置しました。 来週月曜日の日経平均株価はどうなるか?ご意見をお聞かせ下さい。 株価は多数決で決まると言われています。 できるだけ多くの方が参加してくだされば、統計学上のサンプルとなるかも知れません。 勿論希望や期待もOKです。 コメント、性別、年齢、地域は入れなくても投票できます。 投票して頂ければ結果が見られるようになっています。 宜しくお願いします。


スポンサードリンク


日経平均株価予想掲示板


ブログランキングに参加しています。
宜しく御願い致します。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングとは、カテゴリごとに分け、ランキング形式で表示し、支持の高いブログが上位に表示されるシステムです。
あなたの欲しい情報が見つかるかも!

にほんブログ村 株初心者へ

ブログ村も人気ブログランキング同様、人気のブログが上位に表示されます。当サイトは初心者のカテゴリに登録しています。
あなた好みのブログが見つかるかも!


投資カレンダー2016 株式・日経平均先物の必勝投資アイテム
2015年8月18日、「ポイントの日」。その日から日経平均の大暴落が始まった!!過去の数々の相場の転換点を「ポイントの日」として予告してきた『投資カレンダー』の2016年版がついに発売!

Stargazer占星暦 2016年版
占星術支援ソフトStargazerの開発者である小曽根秋男氏が監修する天文暦。西洋占星術の実占者、研究者、愛好者にとって必携の年鑑タイプのデータブック。

フォーキャスト2016
「サイクル」「アストロロジー(占星学)」「テクニカル」の3本柱で市場経済を読み解く分析集団MMA(メリマン・マーケット・アナリスト)。その創設者であるレイモンド・メリマン氏が、毎年発行する予測本『フォーキャスト』。

ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2016
ラリー・ウィリアムズが独自のサイクル、季節性周期、市場行動パターンをもとに2016年の株式、債券、通貨、コモディティ(貴金属、穀物、エネルギー)市場を分析する。未来のロードマップを手にすれば、攻めと守りの好機がおのずと見えてくるだろう。



株式高配当利回りランキング上位銘柄

日経平均株価予想 本日の推移と明日の展望TOPに戻る


関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kabubox.blog68.fc2.com/tb.php/2460-ddd41c09